OCR・画像処理関連SI事業、接骨院用保険請求ソフト、電子カルテソフトなどの開発/販売/サポート 東和ハイテック株式会社TOPページ資料請求はこちらサイトマップ
sp00

「保険証リーダー」の仕様

sp01
go00_01 保険証リーダーのご紹介 go00_02 機能について go00_03 お問い合わせ go00_02_2 医療機関のお客様へ
sp02
sp03

動作環境

sp04
sp05
対応機種 Intel社製Pentium(R)III以上のCPU、動作クロック1GHz以上推奨
対応OS Microsoft Windows 10、8.1、8、7、Vista、XP、2000 日本語版
  *32ビット、64ビットとも動作確認しています。
  *XPモードなどの仮想OSでの動作は保証しません。
  *スキャナドライバの動作についてはスキャナメーカーにお尋ねください。
動作メモリ 512MB以上推奨
必要ハードディスク容量 占有領域1GB未満
対応スキャナ 推奨製品/富士通fi-60F・fi-65F その他TWAIN準拠スキャナ使用可能
  *推奨機追加(富士通fi-65F)のお知らせ
sp06
sp07

実行方法

sp08
sp09
実行 コマンドラインからの実行
パラメータ コマンドライン引数(コマンドラインオプション)
終了通知 なし
データ出力 認識結果/テキストファイル・スキャン画像/JPEGファイル
表示フォーム 表示フォーム:なし(デモ版はオリジナルフォームあり)
sp10
sp11

OCR・自動解析仕様

sp12
sp13
認識対応保険証種類 カードまたはパスポートサイズの各種健康保険被保険者証、
 後期高齢保険証、 受給者証(未確認)
認識対応文字 漢字(JIS第1水準・第2水準)・ひらがな・カタカナ
認識結果出力型式 カンマ区切りCSV
スキャン画像保存型式 JPEG(JFIF)、SVGAサイズ(長辺800×短辺600pixel)
スキャン解像度等 600dpi・A6サイズ・24bitフルカラー(設定操作不要)
設定可能パラメータ 認識結果およびスキャン画像出力先ドライブ・フォルダ・ファイル名、
 スキャナ選択画面表示、OCR非実行
認識/出力項目 氏名、フリガナ、記号、番号、保険者番号、保険者名称、生年月日、性別、
 資格取得日、有効期限、被保険者氏名、被保険者フリガナ、続柄、
 事業所名称、事業所所在地など (保険証に記載の無い項目は不可)
  *手書きされている文字は読めません。
  *QRコードの情報は読み取りません。
  *法令に準拠していない規格外の保険証は一部読み取れないことがあります。
sp14
sp15

組込開発手順

sp16
保険証リーダーは、EXE形式の実行ファイルになっています。
保険証リーダーの起動部、終了時に出力されるデータファイルを医事ソフトに反映させる部分まで、
数箇所の改変が必要となります。
sp17
1 医事ソフトの頭書き(保険証)情報入力/変更フォームに、保険証リーダーのEXEファイルを起動する
 ボタンやショートカットキーを設けてください。
sp18
2 ボタンを押されたとき、保険証リーダーのEXEファイルを起動するようにプログラムしてください。
 ・コマンドライン引数で出力ファイルのドライブレターやパスおよびファイル名を指定できます。
 ・医事ソフトは、保険証リーダーのEXEファイルが終了するまで待つようにプログラムしてください。
 (GetExitCodeProcess や WaitForSingleObject APIを用いる手法が一般的です)
sp19
3 保険証リーダーの終了を検知次第、CSVテキストファイルを開き、
 頭書き入力画面に反映させるようプログラムしてください。
 (JPEGファイルも同時に読み込み・表示することで、読取結果の成否確認がしやすくなります)
sp20
sp21

バージョンアップ

sp22
sp23
年間数回程度のバージョンアップを不定期に行っています。
(媒体はCD-ROMで提供しています。)
sp24

sp25
sp26 go000_01 「保険証リーダー」のご紹介 紹介 sp27
紹介ビデオカタログPDF出荷実績
sp28 sp29
go000_02 「保険証リーダー」の機能説明ページへ 機能
特徴機能実例メリットデモ版ソフト
sp30 sp31
go000_03 「保険証リーダー」のお問い合わせ お問い合わせ
当社所在地お問い合わせフォーム交通アクセス
sp32

sp33
このページTOP保険証リーダのご紹介保険証リーダーの機能保険証リーダーへのお問い合わせ東和ハイテックHOME
© 2001 TowaHitech Inc.